本文へスキップ

女性の本音/建前の具体例

女性の本音/建前の具体例

モテる方法トップ > 男子 > 恋愛心理 > 女性の本音/建前の具体例


<女性の本音/建前の具体例>


かず男かず男「この前、運よくナンパで女の子から連絡先をゲットしたんですけど、『あとでメール送りますよ♪』と言ってたのに、着拒にされたんですよ・・・(><)」

モテ兄さん
モテ兄さん「それ、良くあるよ(笑)女性は、本音と建前を使い分けて生きているからね。」


かず男「その本音と建前の見分け方を教えてください〜」


モテ兄さん「代表的な【本音と建前】の具体例を知っておけば役に立つかもね!」


かず男「本音と建前の具体例!?」


モテ兄さん「うん。下に挙げているので、ぜひ参考にしてね!」



女性の本音/建前の具体例


Q:男「彼氏いるの?」


A1:女「いない〜。」

→本音度80%。実は彼氏がいても、他の男性に興味があり嘘をつくこともまれにあります。


A2:女「2年間いない」
→本音度95%。具体的な数字を出す場合は、本当の可能性が高いです。


A3:女「いる」
→本音度60%。口説いてきた男性に、あきらめてもらうために嘘をつくこともあります。



Q:男「番号交換しようか?」


A1:女「今、携帯もってない。」

→断るために嘘をついています(笑)


A2:女「じゃあ、番号おしえて。あとで連絡するから♪」
→本音度50%。自分の連絡先を教えたくないので、このように言っている可能性があります。ただし、このような場合でも、ちゃんと連絡がつながることもありますので一概には言えませんが。



Q:男「なんで今日ドタキャンしたの?」


A1:女「ごめん。。。急用が入ったの。」

→本音度30%。当日に気が変わってドタキャンした可能性も考えられます。


A2:女「ごめん。。。行く途中で事故にあったの。軽い接触事故だったんだけど、いろいろとモメてしまって。警察も来たし、事情聴衆とかで忙しくて連絡できなかった。」
→本音95%。具体的な理由を挙げている場合、本当である可能性が高いです。



Q:男「好きだから、付き合って!」


A1:女「ごめん、他に好きな人がいるの。」

→本音度50%。断り文句として使うケースもあります。


A2:女「ごめん、今は彼氏をつくる気になれないの。」
→本音度30%。女性は、好きな男性ができれば、コロッと態度を変えるものです。遠回しに『あまり興味ない』という意味なのかもしれません。






かず男「いちいち【本音⇔建前】を翻訳しないといけないなんて、めんどくさいですね!」


モテ兄さん「そうだね。でも、この本音と建前が理解できるようになったら、女心を読めるようになったと言えるくらいだよ。」



         



恋愛心理