本文へスキップ

プロポーズをする方法

プロポーズをする方法

モテる方法トップ > 男子 > デート > プロポーズをする方法



<プロポーズをする方法>


かず男かず男「プロポーズかぁ・・・。どういうプロポーズ方法が定番なのか、意外とわからないですね。」


モテ兄さん
モテ兄さん「だよね〜。ちなみに、欧米の定番のプロポーズ方法は、男性が片足を床にひざまずいて”Will you marry me?(僕と結婚してください)”と言って婚約指輪を渡すらしいよ。」

プロポーズ1

かず男「日本でやったら、女の子が引くんじゃないですか?(笑)」



モテ兄さん「かもね。」



かず男「まずは、
プロポーズをする場所ですよ。自宅でもいいんですか?それとも、おしゃれなレストランがいいですか?」



モテ兄さん1、二人きりのムードに浸れる、2、静かな落ち着いた場所であれば、自宅でも高級レストランでもどこでも構わないよ。」



かず男「なるほど。そうですね。プロポーズの言葉は、『俺のために毎朝、みそ汁を作ってくれ!』はどうでしょう?」



モテ兄さん「いつの時代のセリフ?(笑) 間接的な言い回しだと、女性がプロポーズと気づかない場合が多いよ。シンプルでストレートに『結婚しよう!』でOK。このタイミングで、結婚指輪を彼女に見せるんだ。」



かず男「うーん。でも、いざ自分がプロポーズをするとなったら、緊張してしまうな・・・。」



モテ兄さん「緊張するのは、当然だと思うよ。人生のビッグイベントの1つだからね。でもね、、、恥ずかしいからといって、彼女の方を見ずに、ソワソワと目が泳いでいるのはNGだよ。女性に『どこ見て、言っているの?』とガッカリされる。プロポーズをする時の一番大切なポイントは、相手の目をしっかりと見つめて、プロポーズすることだね。」

プロポーズ2


かず男「そうですよね。相手の目を見て話さないと、真剣さが伝わりませんよね。」



モテ兄さん「そうなんだ。映画みたいなロマンチックな演出をしなくても、ストレートで真剣なプロポーズすれば、彼女は素直に喜んでくれるはずさ。」





【まとめ】
静かな落ち着いた場所で、相手の目をしっかりと見つめて、『結婚しよう!』とプロポーズします。



(関連)■告白する方法



(男子)デートのコツ