本文へスキップ

プロポーズさせる方法

プロポーズさせる方法

モテる方法トップ > 女子 > デート > プロポーズさせる方法




<プロポーズさせる方法>


かず子 かず子「私の友達が、結婚を考えていた彼氏と別れたそうです。理由は、彼氏がなかなかプロポーズしてくれなかったから・・・とか。」


愛され姉さん
愛され姉さん「うーん。そういうカップルは多いわね〜。」



かず子「なぜ、男性はなかなかプロポーズに踏みきってくれないのでしょうか?待ちくたびれている女性も多いと思いますよ!」



愛され姉さん「そうよね〜。女性としては彼のプロポーズを待っているわよね。けど、男性にもいろいろと事情があるのよ・・・。 これは、わたしの男友達の話だけど、、、彼には結婚を考えている彼女がいたの。それで、プロポーズをする準備をしていた。婚約指輪まで買ったらしい!彼の計画では、仕事で昇進してから彼女にプロポーズするつもりだった・・。」



かず子「それで、どうなったんですか??」



愛され姉さん「彼の昇進の話は、先延ばしになった。それで、プロポーズをしなかった。結局、彼女は待ちくたびれて、彼から離れていってしまった・・・。」



かず子「そんな・・。早くプロポーズしてしまえば良かったのに!」



愛され姉さん「たぶん、この男性は将来、彼女と家族を養っていけるだけの収入のめどがたってから、結婚をしたかったんでしょうね。男性にとって『仕事(収入)が上手くいっているかどうか』が結婚に踏みきる1つの鍵だからね。女性を愛しているからこそ、プロポーズをするタイミングには慎重になるのよ」



かず子「うーん。いろいろと複雑なんですね。それで、男性にプロポーズを決断させる決め手というのは、あるんですか?」



愛され姉さん「プロポーズさせる方法の一つは、自分の両親に彼氏を紹介することね。適齢期の女性が、彼氏を両親に紹介するということは『将来の結婚相手を紹介する』ことに近いの。結婚は、カップル2人が夫婦になると同時に、お互いの家と家同士が関係を持つことを意味しているのね。だから、彼が両親に会うということは、彼女の”家”とも関係をもつことを意味しているわ。」



かず子「たしかに、両親と顔をあわせてしまえば、彼も中途半端な気持ちで付き合えないでしょうね(笑)」



愛され姉さん「そうね。男性は結婚をするのに、周りの目を気にしているからね。特に、会社、相手の両親などが、2人の交際を知っている場合、彼氏も世間体を考えて、”男としてのケジメ”としてプロポーズを決断するケースは多いわ。」



かず子「そういう方法もあるんですね〜。では、直接、彼氏に『そろそろ結婚したい』と打ち明けるのは、ありですか?」



愛され姉さん「それは避けたほうがいいわね。男性にもいろいろと事情がありデリケートな話なのよね・・・。」





(女子)デート・テクニック