本文へスキップ

デート代をおごるデメリット

デート代をおごるデメリット

モテる方法トップ > 男子 > デートのコツ > デート代をおごるデメリット




<デート代をおごるデメリット>


かず男「あーあ。好きな子にデート代を全部おごってあげたのに、音沙汰なしになりました〜。」


モテ兄さん「うーん。俺はデートは”おごらない”派だな。」



かず男「”おごらない”派って何ですか?(笑)普通、デートはおごるものじゃないんですか!?」



モテ兄さん
「世間の常識ではそうだよね。でもね、まで女の子におごって、いいことはなかったんだ。」



かず男「どんなことがあったんですか?」



モテ兄さん
俺がある女性とカラオケに行ったとき。もともとケチだから(笑)おごるつもりはなかった。しかし会計の時『たまにはおごってもいいか』と思って、女性の分を払った。そしたら・・・急に女性の態度がわがままになって、『お腹すいた。焼き肉か寿司が食べたい!』とか言い出した。結局、そのあとの食事もおごってしまったよ。最後に、女性をホテルまで連れて行ったけど、『そんなつもりじゃなかった!』と言って拒否られた。その後は音信不通になったとさ・・。」



かず男「俺と全く同じ経験してるじゃないですか!」



モテ兄さん
「そうだね。俺らだけじゃなくて、世の中の男性の方々も同じような経験をしているかもしれないね。言いづらいんだけど・・『あわよくば、おごってもらおう!』と無意識に思っている女性は実は多いんだよね・・。」



かず男「そんなのキャバ嬢だけじゃないですか!?」



モテ兄さん「いや、キャバ嬢だけじゃない(笑)一般女性も『男性からおごってもらおう!』と思っている人はいる。」



かず男「そうなんですか。でも、おごれば、女性が上機嫌になって、あんなことやこんなことができるんじゃないですか!?」



モテ兄さん
「そんなことはない(笑) それが多くの男性の誤解かもしれない。おごったからといって女性はヤラせてくれない。”ヤラせるかどうか”は男性のおごりとは無関係だよ。」



かず男「・・・もうこれからは、おごりません。」



モテ兄さん
「・・・俺はホテル代だけおごるな。」




   

     

(男子)デートのコツ