本文へスキップ

女性と話すのが苦手

女性と話すのが苦手

モテる方法トップ > 男子 > モテる秘訣 > 女性と話すのが苦手



<女性と話すのが苦手>


かず男かず男「女性と話すのは苦手ですね・・・。なぜなんでしょう??男友達となら何でも話せるのに。」


モテ兄さん
モテ兄さん「原因のひとつは、男と女では会話の話題が違うからじゃないかな!?」



かず男「会話の話題が違う?」



モテ兄さん「うん。男同士で話す時って、{スポーツ、アニメ、仕事、政治、下ネタ}の話題が多くない?」



かず男「多いですね(笑)」



モテ兄さん「一方、女性同士の会話の話題は{洋服、靴、化粧、ネイル、スイーツ、恋愛}が多いんだ。」



かず男「男とは全然ちがいますね!」



モテ兄さん「そう。実際、スポーツや仕事の話ばかりしても、女性の反応は微妙なことが多い。だから、女性との会話に苦手意識をもつ男性が多いのかもしれない。※参考:女性との会話の話題



かず男「なるほど。」



モテ兄さん「もうひとつの原因は、女性に『嫌われたくない』気持ちが強すぎること。」



かず男「というと?」



モテ兄さん「人間は『嫌われたくない』と思ったら、言葉選びに慎重になりすぎて、上手く話せなくなるんだ。たとえば、面接がそうだね。面接官に『嫌われたくない』から、言葉選びに慎重になり、緊張のあまり、上手く話せなくなることがあるよね!?」



かず男「わかります。」



モテ兄さん「女性についても同じで、女性に『嫌われたくない』から、思ったことを口に出すことができず、しまいには何をしゃべっていいか、わからなくなるんだ。」



かず男「そうかもしれませんね。・・・原因はわかったのですが、どうすれば苦手を克服できるんですか?」



モテ兄さん「それは、女性とたくさん会話して慣れるしかない。女性との会話のネタを仕入れるには、実際に女性と話して情報を得るのが一番いい。それに、いろいろなタイプの女性と話しているうちに、会話のコツが自然とわかり、自分に自信がつくから、『嫌われたくない!』とビクビクしながら話すことはなくなると思う。」



かず男「やはり、経験をつむしかないんですね!?」



モテ兄さん「そうだね。たとえば、姉や妹がいる男性は、あまり女性に苦手意識をもっていない。それは、姉や妹と毎日話すことで、自然と女性との会話に慣れているからなんだ。反対に、男子校で育った男性は、経験不足から女性との会話に苦手意識を持っている人が多いかもしれないね。」



かず男「・・ですよね。よーし!色んな女性と話すために、合コンに参加しまくるぞ!」



モテ兄さん「(笑)」





【まとめ】女性と話すのが苦手
原因
☆男と女では会話の話題が違うから。
☆女性に嫌われたくない気持ちが強いから。
対策
☆色々な女性と話し経験を積む。



           



(男子)モテる秘訣