本文へスキップ

男と女の脈あり態度

男と女の脈あり態度

モテる方法トップ > 男子 > 恋愛心理 > 男と女の脈あり態度

モテる方法トップ > 女子 > 恋愛心理 > 男と女の脈あり態度




<男と女の脈あり態度>


かず子かず子「好きな人がいるんだけど、わたしのことをどう思っているのか気になるわ。脈があるか判断する方法はないかしら?」


かず男かず男「相手の態度を観察すれば、脈があるかどうか、わかるかもね。脈あり態度のひとつは、パーソナルスペースだね。」



かず子「パーソナルスペース?」



かず男
「人間には、ひとりひとり『なわばり』があるんだ。実際に、親しくない人が自分の1メートル以内に入ってきたら不快に感じる一方で、親しい恋人や家族であれば30センチ以内に入ってきても全く不快じゃない、というデータがある。つまり、相手との(物理的)距離によって、親密度がわかるわけ。たとえば、異性と食事に行くとき、対面で座るよね?」



かず子「そうね。」



かず男
「食事などで対面で座る場合ある程度、距離感があるよね?」



かず子「たしかに、ちょっと距離があるわね。」



かず男
「この距離感のおかげで、初対面の相手でも不快に感じないんだ。では、初対面の異性が、隣に密着して座られたら、どう感じる?」



かず子「興味のない男性だったら、近くに来られるのは嫌だわ!間にバックを置いて、距離をとっちゃうかも。」



かず男「だよね。でも、好きな異性だったら、そんなに嫌じゃないよね?」



かず子「そうね。好きな男性ならOKかも。」



かず男
「つまり、近くに寄っても嫌がられなければ、脈がある可能性あり!なんだよ。これは、わかりやすい判断材料じゃないかな。」



脈あり態度(その1)→相手との距離感で、親密度がわかる




かず男
「そして、もうひとつの脈あり態度は、
手と次に会う約束がとれるか?ということ。たとえば、メールで『今週土曜、食事に行かない?』などと誘われるよね。このとき予定が空いてても、興味がない異性からだったら、なんて答える?」



かず子「うーん。興味のない相手なら『ごめん。土曜は予定があって無理なの。』ってウソつくかしら(笑)」



かず男
「だよね。じゃあ、好きな異性だったら、なんて答える?」


メール
かず子「『土曜は無理だけど、金曜なら空いてるよ』などと言って、別の日をお願いするわ」



かず男
「そうだね。好きな異性であれば、時間を割いてでも会おうとするよね!?」



かず子「そうするわね。」



かず男
「だから、次に会う約束がとれる場合は、脈ありの可能性大なんだ。
んなに忙しくても好きな異性だったら、時間を割いてでも会ってくれるはずだからね。」



脈あり態度(その2)→次に会う約束がとれる




かず男
「以上、2つが脈あり態度かな・・。あと、脈あり態度を見抜けるようになるためには、恋愛スキルをきちんとマスターすることが大切だね。」




         
    



(男子)→モテる男の考え方


(女子)→女磨きをする方法