本文へスキップ

女の言葉責めの仕方

女の言葉責めの仕方

モテる方法トップ > 女子 > エッチの仕方 > 女の言葉責めの仕方



※男性の方は→(男子)言葉攻めの方法



かず子かず子「言葉責めって、Mな男性だけにするものですよね?」

愛され姉さん愛され姉さん「いや、Sな男性への言葉攻めもあるわよ。」



<女の言葉責めの仕方>


言葉責めといえば、Sな女性がMな男性をののしるようなイメージがありますが、実際にはMな男性は少数派です。


ですから、まずは、多数派であるSな男性への”言葉使い”を把握しておくのがいいかもしれません。



1、Sな男性への”言葉使い”


Sな男性は、ちょっと無理やりにエッチをするのが好きですから、女性があまりにも積極的すぎると興ざめしてしまうんです。


Sな男性には、
恥じらいを出すのが効果的です。


具体的には、
「だめ〜。」「はずかしいよ。」「イッちゃう!」などのフレーズを恥じらいを込めて言います。


たとえば、男性がアソコを触ってきたら
「そこはだめ〜」と軽く拒否する、男性が激しく腰をふってきたら「だめだめ、イッちゃう!」と言う。


もし仮に、あまり感じていなくても、感じたフリをすることが大切です。これは、演技というより、セックスを盛り上げる「演出」ではないかと思います。



2、Mな男性への言葉責め


相手がMな男性だからといって、最初から女王様のような言葉責めをするのは、よくありません(笑)


はじめは
ソフトな言葉責めがいいでしょう。


具体的には、

「あれ〜。どうして勃っているの?」
「なめてほしい?」
「まだイッちゃだめ?」
「(ゴムの中の精子をみつめて)いっぱい出たね〜」

などと言います。


上から目線で女性がセックスをリードしていくイメージです。これらの言葉責めをして男性が喜んでいるようでしたら、もっと激しい言葉責めに変えてもいいですね。



かず子かず子「Sな男性への言葉使いって、初めて聞きました。」

愛され姉さん愛され姉さん「言葉使いを工夫すれば、セックスはもっと盛り上がるのよ♪」



(女子)セックスの仕方