本文へスキップ

電話での告白の仕方

電話での告白の仕方

モテる方法トップ > 男子 > デートのコツ > 電話での告白の仕方




<電話での告白の仕方>


かず男かず男「今からメールで告白をしようと思います。」


モテ兄さん
モテ兄さん「メールでの告白は辞めた方がいいかもね・・・。」



かず男「え!?なぜですか?」



モテ兄さん「女性は、メールでの告白を軽く見ているからさ。女性は毎日たくさんの人とメールをしているので、告白のメールがきても『なに!?困るわ〜』と思って読み流すこともありえる。下手をすると、メール自体を読むのを忘れている可能性だってある。」



かず男「たしかに、今までメールで告白をしてきて上手くいった試しはないですけど・・・。」



モテ兄さんメールよりも電話での告白の方がいいと思うよ。電話なら、お互いの声が聞けるし、しっかりとした会話ができる。」



かず男「・・・ちょっと勇気がいりますけどね。どのタイミングで電話をかければいいですか?」



モテ兄さん「いきなり電話するのではなく、事前にメールで『いま時間ある?ちょっと電話で話したいことがあるんだけど。』と打診するんだ。まずは女性がゆっくり電話できる環境じゃないといけないからね。」



かず男「そうですね。仕事中とか忙しい場合もありますからね。」



モテ兄さん「うん。だから、夜7時〜に電話するのがいいんじゃないかな。」



かず男「なるほど。それで、どんな風に告白すればいいんですか?」



モテ兄さん「まずは『仕事おわった?』『ご飯たべた?』など、たわいもない話をするんだ。・・・そして、『○○と話していると、落ち着くなあ。』『俺、○○のことが好きかも。』と冗談ぽく言う。」



かず男「冗談ぽく、ですか?」



モテ兄さん「うん。いきなり電話でシリアスに告白されても、女性は困ってしまうことが多いからね。まずは冗談ぽく好意を伝える。すると女性は『ほんとに!?冗談ばっかりなんだから〜』などと返事する。そしたら『冗談じゃないよ。本気さ。○○といるとすごく落ち着くんだ。』とちょっと真剣に言ってみる。ここで女性が返答に困ってしまったら、何事もなかったかのように話題を変える。」



かず男「何事もなかったかのように、ですか?(笑)」



モテ兄さん「うん。ここで女性に返事を迫っても気まずい雰囲気になるだけでしょ。だから、何事もなかったかのように話題を変えて、デートに誘ってみる。デートの誘いに応じたら、脈ありだね。それで、デートの時に、もう一回告白をする。



かず男「もう一回ですか!?」



モテ兄さん「うん。やはり、最終的には直接会って告白する方が気持ちが伝わりやすいし、告白成功率も高いからね。くわしくは告白の仕方を参考にしてね。」




【まとめ】
☆電話ではシリアスすぎる告白は避けます。
☆直接会った時に再度気持ちを伝えます。



           



(男子)デートの仕方