本文へスキップ

ストリートナンパの極意

ストリートナンパの極意

モテる方法トップ > 男子 > 女性と出会う方法 > ナンパの仕方 > ストリートナンパの極意




<ストリートナンパの極意>


女の子かず男かず男「お!あの子、すごく可愛い!俺のタイプ!」


モテ兄さん
モテ兄さん「じゃあ、声をかけてみたら??」



かず男「え、ナンパですか!?そんなことできませんよ〜(><)」



モテ兄さん「でも、彼女のことを『いいな!』と思ったわけでしょ!?」



かず男「そうですけど・・・。声をかけて、断られたり無視されたりするのが嫌なんです。それに、周りの人たちにナンパしているところを見られるのが、恥ずかしいですよ〜。」



モテ兄さん「そうだよね。それが、常識的な人の考え方だよ。つまり、女の子への関心よりも、『恥ずかしさ』と『断られるのが嫌だ』という気持ちが勝っているのさ。だから、世の中のほとんどの男性は、ナンパをしないのさ。」



かず男「その通りです。声をかけたくても、実際はできませんよ。兄さんは、声をかけられますか?」



モテ兄さん「うん。じゃあ、俺が代わりに彼女に声をかけてくるよ。」



かず男「え?(笑)」



〜10分後〜



モテ兄さん「お待たせ。彼女と番号交換してきたよ〜。」



かず男「え〜!!・・すごいなあ。どうやったら、ナンパができるようになるんですか??」



モテ兄さん「俺もナンパをはじめる前は、声をかけるのが怖かったものさ。けれど、ナンパに関する方法論を学び、何人もの女性に声をかけながら、徐々に徐々に、声をかけることに慣れていった。やはり、たくさん声をかけて経験を積むことが一番大事かな。」



かず男「わかりますけど、そもそも1人も声をかけられないんですよ〜。」



モテ兄さん「うん。気持ちはわかるよ。よく『とにかく声をかけまくれ!』的なことが言われるけど、実際は無理だよね(笑)それよりも、まずは、ナンパに関する知識をしっかり身につけることが先だ。豊富な知識があれば、声をかける自信につながるからね。知識は武器だよ!この章では、ナンパに関するノウハウをできる限り紹介しようと思う。活用してもらえたら、うれしいな。」



かず男「はーい。今日から俺はナンパ デビューします!」




【まとめ】
☆ナンパができないのは「周りに見られるのが恥ずかしい」「断られるのが嫌だ」という気持ちが原因です。
☆ナンパをはじめるにあたって、しっかりと知識を身につけることが大事かもしれません。



ナンパの仕方