本文へスキップ

2度目デートのコツ

2度目デートのコツ

モテる方法トップ > 女子 > デート・テク > 2度目デートのコツ



※男性の方は→(男子)2回目デート



<2度目デートのコツ>


かず子かず子「おかげさまで初デートが上手くいって、また会う約束をしました!」


愛され姉さん
愛され姉さん「よかったわね!」



かず子「2度目のデートも、初デートと同じ要領でいいんですか?」



愛され姉さん
「うん。基本的に同じね。外見に気をつかい、自然体で男性と接することね。でも、2度目デートで気をつけたいことが1つだけあるの。」



かず子「何ですか?」


愛され姉さん
「それは、”お友達ゾーン”を避けて、”恋愛対象”として男性に見てもらうことね。」



かず子「え!?」



愛されん姉さん
仲良くなっても、”女友達”の関係でおわる場合があるの。男性からすれば『一緒にいて楽しいけれど、恋人として付き合うことはできないということね。」



かず子「それはショッキングですね(><)」



愛され姉さん
「だからこそ、2度目のデートでは、男性にきちんと”恋愛対象”として見てもらえるように工夫した方がいいわね!男性のハートに火をつけるのよ。」



かず子「どうすれば男性をドキドキさせられますか?」



愛され姉さん
「まずは外見ね。初デートでの男性の反応をふりかえって、髪型・洋服・化粧などを見直すの。たとえば、女性がお姉系の服で初デートに行って、男性が『その服イイね!』と褒めてくれたら、2度目デートもお姉系の服でデートで行くの。反対に、反応が悪ければ、ファッションの系統を、相手に合わせて変える必要があるかも。やはり、男性によって好みは違うからね。」



かず子「たしかに、デートの洋服には気をつかいますね〜。外見以外には何がありますか?」



愛され姉さん
「もしクッキングが得意なら、手作りのお菓子(クッキーなど)をもっていってあげるのもポイント高いわ。男性は料理ができる女性に弱いからね。」



かず子「私は料理が苦手なもので・・(笑)他には何がありませんか?」



愛され姉さん
「あとは、デート中にボディタッチと上目使いをすることね。さりげなく男性に触れたり、上目使いで見つめたりするの。これをされたら、男性は間違いなくドキドキするはずだわ!」



かず子「さりげなく、というのが難しいですね(笑)」



愛され姉さん
「最初はぎこちないと思う。けど、がんばってアピールすれば、男性も『俺のこと好きなのかな!?』と気づくはず。」



かず子「
男性にアピールする姿勢が大切ってことですね!?」



愛され姉さん
「そう!たとえ不器用でも、想いは伝わるものよ。」





【まとめ】
☆お友達ゾーンを避け、恋愛対象として見てもらえるように、アピールします。
☆初デートの反応から、男性の好みのファッションに変えます。
☆ボディタッチと上目使いをすると、男性をドキドキさせられます。



           



(女子)デート・テク